建売住宅と注文住宅どっちが良いの?

住宅を購入しようと迷っている方々に、建売住宅と注文住宅はどちらがおすすめなのかについて、それぞれのメリットとデメリットをあげて紹介します。

建売住宅のメリットとデメリット

メリット

・打ち合わせ時間が不要
・購入手続きが単純

デメリット

・間取りや設備の希望は通らない
・品質のチェックはできないことが多い
・同じメーカーの建物は非常に似ていて、そっくりな建物が多い。
・隣家との距離が非常に近いケースが多い。
・アフターケアが希薄

注文住宅のメリットとデメリット

メリット

・間取りや設備が自分の希望がいえる
・家作りに悩む反面、楽しめる
・品質の確認もできる

デメリット

・土地がない場合は土地探しから始めなければならない
・打ち合わせの時間が膨大に多い
設計の前段階から意見を求められるので、ほぼ全ての確認作業にも立ち会わなければならないので時間が非常にとられます。
・購入時の住宅ローン等の支払い計画が煩わしい

どっちを選べば良いのか?

建売住宅は、家にはそれほどこだわりを持たないで、家の品質よりも価格重視で自分を家に合わせられる人、注文住宅は家にこだわりを持ち、家の価格よりも品質にこだわり、家を自分に合わせたい人に向いていると思います。