要介護認定を受けるには?

要介護認定って何?

介護保険サービスを受けるために、利用者の「介護が必要かどうか、またはその度合い」を知るために判定され、その後、要介護度によって1~5までを認定されるもの。要介護1以下は要支援に区分され、要介護とは区別されます。判定は調査担当者が行い、まずは家族や本人からの聞き取り、その結果に基づいたコンピューター判定(1次判定)をします。その後、主治医から意見書を提出してもらい、各市町村の審査会で最終判定(2次判定)を行います。

要介護認定を受ける流れ

1.要介護認定を申請

まずはお住いの市町村や地域包括支援センターに要介護認定を申請しましょう。

さまざまな介護サービスを利用するには、まず要介護度が認定されていなければなりません。お住いの市町村に「介護度を判定してください」という旨の申請をしましょう。市町村役場の介護保険窓口や地域包括支援センターで認定される本人かその家族が申請します。

持参するのは以下の3つ。

・介護保険被保険者証
・主治医の意見書(主治医がいない場合、指定の医療機関で診察を受けます。)
・申請書(たいていの場合、市町村役場でもらうか、HPからダウンロードできるところもあります。)

2.調査員が自宅訪問

調査員が自宅に来て心身の状況を調査します。

日時を決め調査員が直接自宅を訪問します。そこで日常の生活にどの程度不便、不安があるか、どの程度の作業ができているか等を主治医の意見書と照らし合わせて判断します。家族がいる場合は同席し、普段の様子などを箇条書きにしておくといいですね。

3.認定へ

後日判定の結果がでます。区分は非該当(自立)、要支援、要介護(1~5)の3つ。このうち介護保険が利用できるのは要介護3以上になります。申請からこの認定までもよそ1カ月かかるとみてよいでしょう。