介護保険料はこうして決められている

介護保険料の計算方法は年齢で区分される

介護保険料は65歳以上の「第一号被保険者」と40歳~64歳までの「第二号被保険者」とに区分されています。

65歳以上「第一号被保険者」の計算方法

介護保険料は市町村によって違いますが、各市町村の基準月額と所得等により決まります。基準月額とは3年ごとに見直しされるので、同じ市町村でも恒久的に同一額ではありません。基準月額は変わるという理由は、

基準額は、その市区町村内で介護給付に必要な費用のうち、65歳以上の方の負担分を当該市区町村内の65歳以上の人数で割った額です。

引用:MFクラウド給与

ということは65歳以上で必要な介護給付金は、65歳以上の人がみんなで出し合っているということ。介護給付に必要な額や65歳以上の人は毎年違いますからこまめな見直しが必要なんですね。さらにその基準額に所得に応じて金額が決定しますので、各市町村ごとに金額は違ってきます。

40歳~64歳「第二号保険者」の計算方法

第二号被保険者が会社に勤めていれば、加入している健康保険料に加算して引き落とされています。会社が半額負担しているということですね。計算方法は各市町村が「所得割」「均等割」「平等割」「資産割」という4つの項目を組み合わせ、市町村ごとに決めています。ですので具体的な計算方法は各市町村によって異なります。市町役場の介護保険課に行けば教えてもらえます。

介護保険料、滞納したらこうなる

督促状の後、延滞金がかかります

介護保険料は会社の健康保険や、年金から天引きされていることが多く、納付書で納めるケースは少ないと思いますが、万が一滞納してしまうと期限を20日過ぎたら督促状が届きます。そして払込には督促手数料や延滞金が加算されることになります。(督促手数料や延滞金は市町村によって異なります。)

督促状が届いても延滞を続けると、1年以上の滞納で介護サービスを受ける際、本来は1割の負担で済むところ、10割支払わなくてはなりません。その後、滞納分を収めたら領収書を提出し、窓口で支払った9割分の還付を受けることになります。

1年6カ月の滞納で介護給付の差し止め、2年以上の滞納で介護サービス負担が1割から3割に変更されます。2年以降は時効により納付自体ができなくなります。第二号被保険者なら介護給付の差し止めになります。