介護保険で受けられるサービス

主なサービス5つ

訪問介護(ホームヘルプサービス)

「介護福祉士」「ホームヘルパー」などが自宅を訪問し、身体介護や生活援助(家事などの代行)を行ってくれるサービス。介護か援助かで介護報酬(値段)も違ってきます。このサービスは介護保険利用者の中で一番利用されているサービスです。

訪問看護、訪問リハビリテーション

看護師や保健師、理学療法士などが訪問し、医療措置の管理、療養上の世話、また、筋肉の強化(体操や動作訓練)などを行うサービスです。

通所介護(デイサービス)

施設で入浴や食事、機能訓練や生活相談などのサービスを受けるために通えるサービスです。要介護者が家に閉じこもりにならず、外の人たちと会話を楽しみ刺激を受けることで生き甲斐を取り戻すこともあり、重要な介護サービスの一つになっています。

短期入所生活介護(ショートステイ)

数日~一週間の単位で要介護者が施設に泊まり、入浴や排せつ、食事の世話などを受けられるサービスです。要介護者本人にとっても気分のリフレッシュになりますし、何より介護をしている周りの人(主に家族)にとって数日の心身リフレッシュ期間が取れるという意味でも重要間サービスです。介護者の冠婚葬祭の際、家を空けなければならないときなどにも利用されています。

福祉用具貸与・住宅改修

家族の要介護認定に伴って必要になる様々な福祉用具。例えば特殊ベッドや車いす(12種目の用具がある)などを貸し出してくれるサービスです。また、階段手すり、段差をなくすなど自宅で生活することを目的にした住宅改修の費用を一部負担してくれます。なお、このサービスは特定のリフォームのみ適用され、規定外のリフォームは適用外になるので注意が必要です。

このほかにも、受けられる介護サービスはありますが、以上の5つが利用している人が多い介護サービスです。